進行性の神経疾患や先天性疾患には専門的かつ長期のリハビリが必要です!

↑当院で現在リハビリ中の脳血管疾患群の内訳

当院では脳梗塞や脳出血など脳卒中後遺症によりリハビリテーションを行っている方が約4割おられますが、パーキンソン病や脊髄小脳変性疾患などの進行性の神経疾患、二分脊椎や脊髄髄膜瘤による脊髄係留症候群もしくは脊髄空洞症(キアリ奇形を含む)による脊髄症などに対してもリハビリテーションを行っています。これら進行性の変性疾患や先天奇形により脊髄症状のある疾患群は加齢とともに病状が進行し運動機能が低下していくため、長期にわたり適切なリハビリテーションが必要になります。また装具なども症状や年齢に合わせ調整が必要となりますので、当院では義肢装具製作所と連携しそれらの調整も行っています。これら進行性の疾患群は、多くの場合、保険適応となりますのでお気軽にご相談ください。装具の調整のみの相談もお気軽にどうぞ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です