上肢痙縮・下肢痙縮に対するボツリヌス療法について

当院ではより効果的なリハビリを行うため、必要に応じ脳卒中後の手足のつっぱり(痙縮)に対するボツリヌス療法を行なっています。ボツリヌス療法とは痙縮を起こしている筋肉に直接ボツリヌス毒素製剤を注射することで筋肉の緊張を軽減させる治療法で、注射後3〜4日で効果が現れ約3ヶ月持続します。その間に専門のセラピストによるリハビリを行うことで、痙縮の影響で日常生活やリハビリ自体にも制限があった患者様でも機能回復が期待できます。詳しくは当院脳神経外科外来にてご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です