リハビリテーション医療に関する保険適応について

  1. リハビリテーション医療は医療保険制度と介護保険制度が混在している上、算定日数や算定病名などに多くの制約があり専門家にとってもやっかいな分野です。とくに急性期以降の回復期、維持期におけるリハビリテーションの適応や必要性などについては、医学的根拠だけでなく保険制度上の制約を十分理解している必要があり、本来であれば医療保険によるマンツーマンのリハビリテーションを受けるべき方も適切な助言がなければリハビリの機会を逸している可能性があります。
  2. 当院ではこういった保険制度の枠組みに捉われない自費リハビリテーションも提供していますが、医療保険リハビリテーションを受けられる、もしくは受けるべき方についても適切にアドバイスしています。
  3. 介護保険利用が適切な方については主治医意見書を作成し介護保険申請を行っています。
  4. とくに以下のような方は医療保険によるリハビリテーションが受けられる可能性があるのでお気軽にご相談ください。
  • 若くして脳卒中を発症した方
  • 介護保険を利用していない方
  • パーキンソン病や多系統萎縮症など神経変性疾患と診断されている方

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です