認知症リスクを早期に診断するMCI健診

認知症は発症の20~30年前からの生活習慣が大きく影響することがわかっています。30歳以降、図のように加齢とともに一つひとつの生活習慣が未来の認知症発症に大きく影響します。MCIスクリーニング検査は、わずか2mLの血液で今のあなたの現時点での認知症発症リスクがわかる検査です。認知症は脳神経の変性疾患であり、発症してしまってからでは根本的治療法はありません。検査結果が良好な方も、そうではない方も、自分の状況に合わせて認知症のリスクとなる生活習慣を見直すきっかけとすることで、将来認知症になってしまうリスクを自分自身でコントロールしていきましょう。

当院は脳と神経の専門病院です。検査結果で心配な点があればどのようなことでもご相談ください。二次検査を行い予防的治療など含め適切なアドバイスを行いますのでご安心ください。