脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の発症予防と再発予防

   高血圧・糖尿病・高コレステロール血症などの生活習慣病は、脳卒中の発症および再発の大きな危険因子であり一貫した管理が必要です。当院ではこれら生活習慣病について脳卒中の発症予防および再発予防の観点を踏まえた適切な管理と助言を行っています。

脳神経外科一般:小さなお子様でもお気軽に

 頭痛・めまい・手足がしびれる・手がふるえる・言葉が出にくい・頭を強く打ったなどの脳や神経に関する症状や、てんかんに対する薬物管理についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。また、乳幼児など小さなお子様に関することもお気軽にご相談ください。診察および検査の結果、より専門的な検査や入院治療が必要と判断した場合は患者様のご希望を踏まえ適切な医療機関へご紹介します。

物忘れ(認知症):早期発見、早期治療

 置いた場所を忘れた・人の名前が思い出せない・何度も同じことを聞くなど、物忘れの症状でお悩みの方やそのご家族の方はお気軽にご相談ください。当院では認知症と同じ症状を来しうる頭蓋内の器質的異常(脳腫瘍、水頭症、多発脳梗塞など)の有無を頭部CTを用いて検査した上で、種々の認知機能検査を組み合わせ総合的に認知症の診断を行なっています。認知症と同じ症状を呈する手術治療可能な疾患が判明した場合は患者様の希望に沿って適切な医療機関にご紹介いたします。認知症と診断された方には従来の薬物治療のみでなく、理学療法士や作業療法士による認知運動療法を行い認知症そのものの改善を目指す治療も行なっています。認知症予備軍ともいえる軽度認知障害を早期発見できれば、薬物療法や認知運動療法を組み合わせることで症状の進行を遅らせるだけでなく改善させることも期待できます(後述)。

軽度認知障害および軽度認知に対する集団認知運動療法

物忘れ外来にて軽度認知障害〜軽度認知症と診断された方に対し、作業療法士が中心となって理学療法士や看護師とともに毎週1回約90分の集団認知運動療法を行なっています。集団療法とはいえ、なるべく個々の患者様の症状に合った治療計画となるよう、物忘れ外来にて専門医が治療適応の有無を判断したのち作業療法士および理学療法士がより詳細に認知機能と運動機能を評価します。その後、ストレッチやジョギングなどの有酸素運動と種々の認知機能トレーニングを組み合わせた週1回の治療を3ヶ月間継続することで認知機能の改善を図ります。費用についてはこちらをご覧ください。

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)後の痙縮に対するボツリヌス療法

 脳卒中後遺症のひとつに手足のつっぱり(痙縮)があります。脳卒中による身体機能の障害で最も多く見られるのは手足の麻痺ですが、痙縮とは時間の経過とともに麻痺側の筋肉が緊張しすぎてしまう状態のことです。脳卒中発症後3ヶ月で約20%、1年後には約40%の方に認めらるといわれています。痙縮が強くなるとリハビリに支障を来したり、着替えがしにくくなったり痛みを感じるようになるなど日常生活動作にも悪影響を及ぼしてしまいます。そこで当院では痙縮を軽減することでより効果的なリハビリを行い、脳卒中後の経過が長い患者様でも機能回復を目指せるよう必要に応じてリハビリとボツリヌス療法を併用しています。ボツリヌス療法の効果は注射後7日前後で現れ3〜4ヶ月持続しますが、これはあくまで筋肉の緊張を軽減するだけであり麻痺症状そのものを改善する効果はありません。つまり、その3〜4ヶ月の間に専門のリハビリテーションを受けることが機能回復に何よりも重要です。詳しくは当院外来にてご相談ください。

眼瞼けいれん・片側顔面けいれんに対するボツリヌス療法

 自分の意思に関係なくまぶたがぴくぴくしてうまく目が開けられない、顔の片側の筋肉がぴくぴく動いて顔がひきつってしまうなどの症状がある方は眼瞼けいれん、片側顔面けいれんの可能性があります。これらの原因はさまざまですが、いずれも筋肉の動きを自分でコントロールできなくなる病気でありボツリヌス療法により症状を改善できる可能性があります。こういった症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。