あをによしリハビリカンファレンスのご案内

今回は「若年性脳卒中とボツリヌス療法の可能性」がテーマです。若年性脳卒中の特徴やその原因について、また、セラピストが知っておくべき若年者への脳卒中リハビリテーションに関する医療保険制度についてとりあげます。さらに脳卒中後の痙縮について、拘縮してしまう前の適切なタイミングでボツリヌス療法を併用することにより運動機能やADLの改善が見込める点についても議論します。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です